債務整理の相談窓口|おすすめの弁護士事務所

債務整理後のクレッジトカード作成は不可能?

債務整理をすると、新たにお金を借りる事が難しくなります。
事前に、自己破産相談など利用しながら、手続き後の生活状況など確認しておくことをお勧めします。

 

それはなぜかと言うと、信用情報機関の事故情報で引っかかってしまうからです。
事故情報のある方に、融資提供してくれる企業は少ないのです。キャッシングやローンの利用がしにくくなるように、債務整理を行なう事でクレジットカードの新規発行も困難になります。

 

新規カード発行が出来るかどうかというのは、最終的にはカード会社の判断によります。
新規カード発行に必要な申込みの際に申告した収入がよっぽど良い場合などは利用限度額は低めになってしまいますが、クレジットカードを発行させてくれるところもあります。

 

しかしそういったケースは稀ですし、債務整理後すぐに経済状況が格段に良くなるということは考えられません。

 

信用情報機関から事故情報が削除されるまでは、クレジットカードの発行は出来ないと思っていた方が良いでしょう。

 

債務整理をした後は、お金を使う事を考えるのではなく、現金払いで堅実に生活していく事を心がける必要があります。

 

債務整理後すぐにクレジットカード発行をする事は困難ですが、数年経過し安定した収入を得られている場合は、クレジットカードの新規発行、利用が出来るようになります。

 

事故情報が削除されるまで辛抱し、金銭感覚を取り戻すよう心がけましょう。