債務整理の相談窓口|おすすめの弁護士事務所

債務整理の賢い選びかた<借金解決の最善策>

借金返済方法について債務整理をする際に、気になるのが保証人に迷惑がかからないかということです。
あなたが借金を返せなくなると、貸主は保証人に取り立てを行います。

 

債務整理をすることになると、保証人にも取り立てが向かうことがあるのです。

 

例えば、自己破産や個人再生をすると、あなたの借金の全額、またはほとんどが棒引きの形になります。
しかし、借金が消えるのは貸主とあなたとの関係においてだけです。

 

返済されなかった金額に関しては、貸主は保証人に請求することができます。
あなたが借金を返済する義務は消えるのに、保証人はその借金を負うことになってしまうのです。

 

こういった事態を避けることのできる債務整理の方法もあります。
自己破産や個人再生では整理する債務を選ぶことはできず、全ての債権者を平等に扱う義務があります。
しかし、特定調停や任意整理では、整理する債務を選択することができるのです。
これにより、保証人になってもらっている債務を避けて債務整理をすることができます。

 

債務整理しなかった債務については、以前と同様に返済を続けていく必要がありますが、保証人に取り立てが行くことはありません。

 

このように、債務整理の内容を柔軟に選択できるという点は、特定調停や任意整理の大きなメリットであるといえるでしょう。