債務整理の相談窓口|おすすめの弁護士事務所

現在、日本において消費者金融やクレジットカード会社、そして銀行系のカードローン会社などからキャッシングを行い借金をしてその借金を返済する事が出来なくなった人が「特定調停」や「自己破産」などの債務整理を行うケースが急増しています。

 

これら「特定調停」や「自己破産」などの債務整理には現在主な債務整理の方法として、「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」の4種類があり、これらは主な債務整理の方法として有名です。

 

この中でも債務者が行う債務整理方法として「自己破産」に次いで多い「特定調停」を行った後の生活はどうなるのかについて今回こちらでお話をさせていただきます。

 

「特定調停」という債務整理方法は、主なメリットとして「債権者からの督促の電話や手紙を止める」というメリットがある債務整理方法です。
「特定調停」は「自己破産」とは違い債務自体は無くなりませんが、それまでの借金にかけられていた利息分のカットや借金の減額などは行われる為に「自己破産」に次いで債務者に人気の債務整理方法になっています。

 

「特定調停」が裁判所に受理された後はサラ金やクレジットカード会社などの業者は申し立てをした債務者に対して一切の督促(返済を「要望」する事は可能)電話をかける事が出来なくなるのが特徴です。
しかし、「特定調停」を行ってそれが受理された後でも「返済を要望」(督促は禁止されているので不可能)する電話を業者が債務者にかける事は出来るので注意が必要です。