債務整理の相談窓口|おすすめの弁護士事務所

債務整理とは【債務整理の種類説明】

過払い金の返還請求を行う際には、どの程度の過払い金が発生しているのかを計算しなければなりません。

 

基本的に過払い金はグレーゾーン金利と呼ばれる部分で発生しているもので、この部分は支払う必要が無いのに支払わされているケースが殆どです。
従ってグレーゾーンの部分を計算することによって、過払い金がどれだけ発生しているかを知ることができます。

 

グレーゾーンは過去に借りていた方が適応されているケースが多く、最大で29%近くの金利が適応されています。

 

通常は15%が限度となっていますから、こうした金利を差し引けば過払い金が判明しますこの場合は14%分が過払い金となりますから、100万円を借りていたとすれば14万円は過払い金となっているのです。

 

これを請求することによって取り戻すことができます現在のキャッシングは殆どが18%程度になっていますから、基本的に過払い金が発生している可能性は低いです。

 

場合によっては100万円以上借りたのに18%を適応していることもあるので、それは対象にすることができますこうした金額ごとのグレーゾーン金利を把握して、自分なりに計算してみることが必要です。

 

もしかしたら何でもないような貸し借りで過払い金が発生していることもあります。

 

発生しているのであれば、直ちに請求して取り戻してください。